板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

2020/01/21

 こんにちは。大橋会計の金子です。
 先日久しぶりに雪が降りましたね。センター試験の日でもあったので心配されていた方も多かったでしょうか。東京で降る雪は交通の混乱や事故などが多くなるので、よくないイメージをお持ちの方も多いと思います。かつての私のように…。
 数年前に短い期間ですが北海道に住んでいたことがあります。雪の無いところで育った私は毎日雪のある生活がまったく想像がつかずネガティブなイメージを持って冬を迎えました。しかしいざ雪のある生活がスタートすると楽しい楽しい‼どこから手をつけていいかわからないほど積もった雪をかき終えた時の達成感!腰の痛みも忘れてしまいます!(雪かきよりも雪が降るスピードのほうが早く、先が見えずヘコこともありますが(笑))
 雪国の人にとっては、毎年のことで、楽しいものでもなく厄介な雪でしかないようですが、雪にしっかりと備え淡々と雪のある生活をしていました。地元の方から、転ばない歩き方も習って実践してみました!新雪を選んで歩く、横断歩道の白いラインは踏まない、凍った道はスケートで滑るように歩く、などなど。
 雪がとける前に新たな雪が降り積もるので、土と混じることのない真っ白な世界はとてもきれいでした。生活を混乱させるほどの雪は困りますが、雪を見ると(腰痛を忘れて)またあの真っ白な世界で生活がしてみたくなります。

成人の日

2020/01/20

こんにちは、大橋会計の近藤です。
1月13日の月曜日は成人の日でした。
街には着物姿の方々も多く見られ、普段より華やいでいる雰囲気が感じられました。
 
その中で成人に関する気になる記事を見かけました。
LINEが同社の通話アプリ利用者に行った調査によりますと、将来の日本社会が「明るくない」など悲観的に考える新成人が49%に達していたそうです。その一方で、「明るい」などと考える回答は13%にとどまったそうです。
設問の回答の内訳では、「あまり明るくない」が30%、「明るくない」が19%、「やや明るい」が10%、「明るい」が3%でした。
就きたい職業のトップは男女とも「公務員」でした。4位には男女とも教師・教員が入るなど、「安定志向」がみられたそうです。
 
老後資産2,000万円不足問題など、将来を不安視する話題が注目を集めており、アンケートの結果はそうした世相を反映している可能性があります。
しかし自分の子供に思いを馳せますと、今はもちろん成人した際も、やはり将来に明るい展望を持ち、未来の様々な可能性を信じてほしいと願ってしまいます。
様々なことを考えさせられた記事でした。

2020/01/17

ふとした時 口ずさんだ歌をきっかけに歌とメロディがあふれるように思い出される時がある
歌が終わると次の歌を口ずさむ
何度も何度も あふれるように歌を思い出し、歌を思い出すと同時にその歌を歌っていた時代の記憶がよみがえる
繰り返しているうちに こんな歌あったな。と 自分でも忘れている歌を思い出す
誰が歌っているのか、曲名は何だったのか
遠い昔の歌
 
ネットで歌詞を検索するとその歌を見つけた
 
私の記憶と、PCから流れ出る歌
当時の記憶ではとても憂いを帯びた歌
数十年ぶりに聞くと 記憶よりあか抜けたメロディ
 
しかし
当時の記憶を思い起こすには十分

k.miyata
 

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.