板橋区の会計事務所なら税理士法人大橋会計へ

税理士法人 大橋会計ブログ|大橋会計事務所

乾燥した日が続いていますね

2019/01/23

 こんにちは。大橋会計の森山です。
 
 東京では1月に入って乾燥したカラカラの天気が続いております。
本日までの降水量はなんと0.5ミリしかなく平年の2%のようです。雪がぱらついた日もありましたが、すぐに止んでしまったので降水量としてはカウントなしのようでした。
 
 10日間予想でも晴れの予想が続いているので、もしかしたらこのまま雨が降らずに1月を終えてしまうと、1月の降水量としては1976年に記録した歴代3位の少なさである0.5ミリに並ぶ可能性が出てきました。
 
 このように乾燥する日が続くと、インフルエンザや火災の発生の危険性が高まります。
インフルエンザは子供の通う学校生活での発生の場から、家族間を介しその親へと感染し今は職場での発生へと広がっています。
 イ
ンフルエンザの菌はドアノブやエレベーターのボタン、パソコンのキーボードなどプラスティックに付着すると24時間ほど生き続け感染の危険性が高まるそうです。
うがい手洗いマスク着用で気をつけていきたいものですね。

こんな場合は確定申告が必要です。

2019/01/22

こんな場合は確定申告が必要です
 
  • メルカリなどのネットでの収入がある
 給与収入のほかに、「メルカリ」などのフリーマーケットや「ヤフオク」などのネットオークションでの収入、YouTubeなどの動画投稿収入がある人は、その所得金額(収入―必要経費)が20万円を超える場合、雑所得として確定申告が必要です。
 
  • ふるさと納税の返礼品を受け取った
 ふるさと納税の返礼品は、一時所得となります。一般にふるさと納税額の30%程度が返礼品の額とみられています。一時所得は50万円までの特別控除額を差引いて計算しますが、ふるさと納税の返礼品以外に、生命保険契約の満期金などほかの一時所得がある場合、合計して50万円を超える場合には確定申告が必要になります。

行事と餅の関係

2019/01/21

 こんにちは大橋会計の板橋です。
 
お正月明けの行事として「鏡開き」がありますが、関東の鏡開きは1月11日となっており我が家はお汁粉にして食べることが多いです。関西の鏡開きは1月15日か20日だそうです。
 
先日、餅は節目ごとに食べる「ハレの日」には欠かせない食材という記事をよみました。
今日は「行事と餅の関係」についてお話します。
 
1月元旦     鏡餅を飾る。雑煮を食べる。
1月11日     鏡開き。お汁粉などにする。
3月 3日     ひな祭り。1年間子供を守るという意味を込め、ひし形の3色の餅を重ねてひな壇  
          に飾ります。
桜の開花時期  桜餅を食べる。
春の彼岸    ぼた餅を先祖の墓に備える。
5月 5日     端午の節句。ぼた餅を食べる。
7月15日     お盆に先祖が帰ってくるお祝として、餅、団子、おはぎなどを供える。
仲秋       米粉で作った月見団子を供える。
秋の彼岸    おはぎや米粉の団子を供える。
10月の亥の日 西日本を中心に秋の収穫祭と結びつけて、亥の子餅を作り供え配ります。
11月15日    七五三。お祝いに祝餅。お祝い返しに千歳あめ。
 
このように餅は日本人にとって1年中係わりのある食材だということを改めて実感しました。

プロフィール

私たちは仕事を通じてお客様の成長・発展と安定に貢献し、世の中の発展と繁栄に貢献し、合わせて社員の成長を願う運命共同体としての経営を行うことにより広く社会に奉仕します。
<<2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
税理士法人 大橋会計 事務所サイトはこちら

このブログを購読

Copyright © 税理士法人大橋会計 All Rights Reserved.