セキュリティボックス ポータブル 120個指紋登録可能 【在庫一掃】 金庫 家庭用 325 50 オフィス 190 mm セキュリティボックス ポータブル 120個指紋登録可能 【在庫一掃】 金庫 家庭用 325 50 オフィス 190 mm 8924円 セキュリティボックス ポータブル 120個指紋登録可能 金庫 家庭用 オフィス(325 * 190 * 50(mm)) 文房具・オフィス用品 事務用品 金銭管理・会計用品 集金袋 セキュリティボックス,1-oohashi.com,家庭用,*,/loquent2601344.html,オフィス(325,文房具・オフィス用品 , 事務用品 , 金銭管理・会計用品 , 集金袋,ポータブル,190,120個指紋登録可能,*,50(mm)),8924円,金庫 セキュリティボックス,1-oohashi.com,家庭用,*,/loquent2601344.html,オフィス(325,文房具・オフィス用品 , 事務用品 , 金銭管理・会計用品 , 集金袋,ポータブル,190,120個指紋登録可能,*,50(mm)),8924円,金庫 8924円 セキュリティボックス ポータブル 120個指紋登録可能 金庫 家庭用 オフィス(325 * 190 * 50(mm)) 文房具・オフィス用品 事務用品 金銭管理・会計用品 集金袋

セキュリティボックス ポータブル 120個指紋登録可能 在庫一掃 【最安値挑戦】 金庫 家庭用 325 50 オフィス 190 mm

セキュリティボックス ポータブル 120個指紋登録可能 金庫 家庭用 オフィス(325 * 190 * 50(mm))

8924円

セキュリティボックス ポータブル 120個指紋登録可能 金庫 家庭用 オフィス(325 * 190 * 50(mm))

商品の説明

色:325 * 190 * 50(mm)

機能:
1。光学指紋モジュールの認識率は、市場で人気のあるスクラッチ指紋認識モジュールよりもはるかに高いです。
2。最大120個の識別指紋を保存できます。最初の3つの指紋は管理者の指紋であり、新しい指紋には管理者の承認が必要です。
3。ステンレス製の安全ロープを装備し、錆びないので、安全ロープを使って車内やベッドに金庫を固定することができます。
4。低電圧プロンプト。バッテリーが少なくなると、金庫が開くたびに3回点滅し、LEDインジケーターが3回点滅して電圧が不足していることを示し、ユーザーにバッテリーの交換を促します。
5。スペアキーを装備しているため、スペアキーは電子ドア閉鎖システムによって制御されないため、電気がないときにスペアキーを使用してデバイスを開き、バッテリーを交換できます。


仕様:
状態:100%新品
アイテムタイプ:ポータブルセキュリティボックス
材質:冷間圧延鋼板
色:写真のようにオプションサイズ:約。 275 x 190 x 50mm / 10.8 x 7.5 x2.0in約325 x 190 x 50mm / 12.8 x 7.5 x 2.0in
ロック解除方法:指紋/スペアキー
指紋タイプ:生物学的指紋
表面処理:スプレープラスチック
電源タイプ:4 AAアルカリ電池(含まれていません)
動作電圧:4.8-6.5V
解像度:500DPI
本人拒否率:≤0.01%
他人受入率:≤0.0001%

パッケージリスト:
1x生体認証指紋セーフボックス
1x弾性バンド

1xスチールワイヤーロープ

2xスペアキー
1x取扱説明書(英語)

セキュリティボックス ポータブル 120個指紋登録可能 金庫 家庭用 オフィス(325 * 190 * 50(mm))

四月十四日(火)

 泊まりの仕事であったが、特に急な依頼もなく、朝まで眠った。
 いつも通りの時刻に起きて、汗を流し、朝食を摂る。感染症の影響で、今日から朝の定例会は開かれないこととなっている。なくても大きく困ることはないが、長年の習慣であったから、なんとなく仕事が始まって気がせず、拍子抜けする。
 日中も突然な案件はなく、予定されていた業務をのんびりとこなした。いよいよ軌道に乗ってきた気がする。夜勤明けなので、定時に帰る。仕事を残すことなく帰宅するのは気持ちがいい。
 今日は酒を飲むことにした。 恋人は夜勤なので電話できない。
 明日は外勤だから、あまり夜更かしはしないで休むことにする。


  1. 2020/04/14(火) 23:52:37|
  2. 日記
  3. | 山善 折りたたみ台車 39×44cm 耐荷重80kg Carryおてがる ダークブラウン OTG-E50DB*R
  4. | コメント:0
次のページ

筆者紹介

Author:シバケン

レポート検索

最新レポート一覧

アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

コメント

トラックバック